猫に錠剤

きなこが胃炎のようです。
飲ます方も飲まされる方も薬はヤダなぁ
猫に錠剤の薬を飲ます4コマ猫漫画

口を開けて飲ます作戦は
この時1回だけ成功。
その後は絶対に口を開けなくなりました!

処方された薬の半分以上は
きなこの口に入ってないかも・・・(T_T)

 

ランキング参加中!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ

関連記事

コメント

    • はじめまして
    • 2019年 1月 19日

    いつも楽しんで拝見しています。
    ナノちゃん、きなこちゃん大好きです。個性キラキラですね。
    我が家も数匹いてそれぞれ個性、食いしん坊などで対応変えてます。
    ①口にむりくり入れた(横からが効果的)ときは、素早くそのこの鼻を私のツバ(水でもOK)で湿らせた指で撫でると自然にゴックンします。自分で鼻をペロリしてくれたら飲んでるはずです。
    ②別の子にはオブラートに包みそれをかつをぶしでくるんで掌で。(確実に飲んだら)ご褒美にもう少しおやつであげます。
    飲んだら褒めちぎってその子を”讃え”ます。。
    下僕、なりきってやってます(><)

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 19日

      はじめまして。ありがとうございます!!
      やはり皆さんいろいろ工夫してるんですね。鼻にツバ やってみます。鼻に息を吹きかけるのもいいと教えてもらいましたよ(#^^#)
      今度薬を飲まないといけなくなったら、オブラート買ってきます!!(*^^*)

    • ユス
    • 2019年 1月 11日

    はじめまして。
    うちでもつい最近投薬に苦労したので、参考までに。
    私はオブラートを使いました。
    薬が米粒サイズなら、オブラートを1/8くらいに切って包みウェットの汁を少しつけます。
    ウェットを山型に盛り、てっぺんに薬を乗せさらに上にウェットの固形部分を少し乗せて隠します。
    うちの場合これでてっぺんからパクっと食べる猫はうまく行きました。苦い薬でも大丈夫でした。
    でもウェットを舐めて食べる猫ではだめでした。
    その猫には同じくオブラートで包んでちゅーるをつけて口に入れてました。
    包んだ時できるだけ小さくするのがポイントでしょうか。薬が大きいときは分割して複数個作りました。

    きなこさんにもストレスが少ない薬の飲ませ方が見つかるといいですね。

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 12日

      詳しくありがとうございます!!オブラートに包むのはやってないのでやってみます!
      猫に薬飲ますのって大変ですね~~(-_-;)

    • リュカ
    • 2019年 1月 10日

    普通は錠剤、口にぽんと放り込んで(奥歯のあたりに指突っ込むとパカっとあく)
    鼻にチューってすると、鼻をぺろりんと舐めたときに飲み込んでくれるので
    錠剤は楽なのですが、、、
    うみの急性膵炎のときは、錠剤で泡ふいたから
    今もし飲ませるとしたら怖いなあ。。。もう大丈夫なんだろうけど不安です^^;

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 11日

      泡ふかれたら次は躊躇しますよね。猫に気付かれずに薬を飲ます方法あればいいのに~(-_-;)

    • ひらにゃん
    • 2019年 1月 10日

    手強いですよね〜〜
    うちは そんな時のために❓朝と夕方ウェット少しあげてます
    大体は味が変わるような量ではないのでピルクラッシャーで粉々にして混ぜてます
    今の所拒否されてません(^_^)v

    ノミダニ用のお薬はチキン味の錠剤を細かく砕いてカリカリに入れるようにしてます

    胃薬のスクラートの猫ちゃん用は水溶液だったのでスポイトで流し込んだらキョトン顔で
    飲み込んでました(笑)

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      ああ、きょとんってカオ目に浮かびます(笑)
      味が変わるような量ではない ですよね!ですよね!でもきなこは気づくようです。比率を変えても気付きます(T_T)手ごわいよ~

    • emi
    • 2019年 1月 10日

    家は口を開いてお薬を入れたら鼻先に「フッ」と息を掛けると飲み込んでくれます。
    錠剤のまま飲ませるのが難しかったら、粉にしてちゅ~るに混ぜるのもいいですよ。
    お薬飲んで良くなってくれますように(*^-^*)

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      病院の先生にも「粉にしてちゅ~るに混ぜて食べてくれると、猫にとっても飼い主にとってもストレスがないのでいいんですが」と言われ試しましたが、頑として食べなかったです(T_T)
      でもきなこは随分よくなってきています。もう大丈夫だと思います(*^_^*)

    • も〜
    • 2019年 1月 10日

    ゆづはカリカリに混ぜていても、平気でバクバク食べちゃいます^^;
    私と同じで食に鈍感なのだろうか…。
    先代さんは舌で上手に出して来たりしていたので
    「わーおいちいねー!!!おいちいおいちい!!!」
    ってアホみたいに周りで盛り上げて
    一気に食べさせたこともありました(^^)

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      まわりで盛り上げて一気に食べさせる???すごい技です!乗せられて食べちゃう先代さんとっても可愛いヽ(^o^)丿

    • ぽちの輔
    • 2019年 1月 10日

    これは苦労しそうですね。
    うちはこういう時のために普段はカリカリのみにしてます。
    錠剤を砕いて猫缶に混ぜると大体食べてくれるので楽です。
    口を開けてのどに近い奥の方に薬を放り込むのが良いみたいですけど
    普段から口を触ってないと開けてくれないですよねぇ^^;

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      うちも普段はカリカリなのでその手は使えそうです。
      でもちゅ~るはダメでした。薬によっては味やにおいが変わってしまうんでしょうね(T_T)

    • ゆきち
    • 2019年 1月 09日

    ああ・・シリンジの時のお顔がウチのと同じだ(ーー;)
    無理やり口に突っ込んだら泡吹きながら暴走して大変でした。
    それ以来、苦い粉薬はカリカリ大になるよう小分けしてオブラートで包み、ふやかしたカリカリに混ぜると7割ぐらいは誤魔化せます。丸飲み派なので^^;
    いろんな技術が進んでるんだから、鰹節味の薬とか作ってくれよ~と思っちゃいます。
    きなこちゃん、お加減いかがですか?食いしん坊の子が食べないと心配ですね。

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      そうなんです!食いしん坊が残すと「何事!?」ってなりますよね(^_^;)
      普段はナノよりはるかに早く食べ終わるのに、食べるスピードが遅くなりました。食べこぼしなんてなかったのに細かいのがポロポロ(T_T)口内炎を疑いましたが胃炎だったようです。

    • 溺愛猫的女人
    • 2019年 1月 09日

    き、きなこちゃん、うーん、心配です。
    早く治りますように。お大事に。

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      ありがとうございます。もう大丈夫だと思います(*^_^*)

    • kiki
    • 2019年 1月 09日

    きなこちゃん胃炎でしたか。
    それにしても、きなこちゃん優勢ですね(笑)
    食欲不振で吐く割には元気そうな目つき(笑)
    大丈夫そう。
    薬は嫌だよね。
    で、治りましたか?

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      そうなんです。何回か吐いて、普段通りに食べなくなった以外はいたって元気。ぐったりすることもなく走ってるし・・・(*^_^*)
      今は徐々に食べる量も戻ってきています\(^o^)/

    • ニッキー
    • 2019年 1月 09日

    きなこちゃんの遠い目がw
    抗生物質の薬は苦いですからねぇ(⌒-⌒; )
    うちもかみさんがめちゃくちゃ頑張って
    2回に1回飲ませるのがやっとです(*_*)
    ビオフェルミンは糖衣錠だからか
    猫缶の味でごまかせるんですけどねぇ(ー ー;)
    なるべく保液でお願いするようにしてます(⌒-⌒; )

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      苦い薬、甘い薬、薬によっても違いますよね(>_<) ストレスなく飲んでくれる薬が出来たらいいのに・・・(;O;)

    • tsun
    • 2019年 1月 09日

    私も先日、リンに抗生物質を与えました。
    やはり米粒くらいにした錠剤を粉状にして、水に溶かしてスポイトで。
    無理やり口を開かせて注入で、半分以上は飲んだと思います。
    でも、私の胸と左腕には引っかき傷が残りました。

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      やはり人間の負傷と引き換えの行為なのですね猫に錠剤をやるって・・・(^_^;)

    • zombiekong
    • 2019年 1月 09日

    猫にお薬大変ですね。慣れている私もゴンとガンだけはギブアップ。お薬用補助具も一通り買いましたが、噛まれて手に穴が開いたこともあり、薬をやってもらうためだけに入院させたりもしました。一般的にはこじ開けた口に放り込む方法が一番ですよ。

      • ぱるぱーる
      • 2019年 1月 10日

      手に穴!!本気のガブリですね(>_<) 口に放り込むのが一番ですが、こじ開けるのがツライです^_^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

猫飼いのデメリットの4コマ猫漫画

猫2匹飼いのデメリット

2匹飼うと いいことばかりではありません デメリットと言いながら それでも楽しい毎日です ランキ…

カテゴリー

2019年6月
« 5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
ページ上部へ戻る